<progress id="t6wnn"></progress>
    1. <tbody id="t6wnn"><nobr id="t6wnn"></nobr></tbody>
    2. <menuitem id="t6wnn"><dfn id="t6wnn"></dfn></menuitem>

    3. <track id="t6wnn"><div id="t6wnn"></div></track>

      WHO WE ARE ?

      鑫海は2003年に設立され

      嘉善鑫海精密鋳物有限會社は2003年に設立されました。中國鋳造協會の會員であり、10人以上の上級エンジニアとエンジニアを含む350人以上の従業員と、50人以上の上級技術マネージャーを擁しています。 35,000平方メートルの面積。

      同社は2009年に新製品と新技術の開発を専門とする技術研究開発センターを設立し、以下の國家ハイテク企業として評価されました。

      • 金型設計および加工ワークショップ

        鋳造製品の金型の3D設計、加工、組み立てを専門としています。

      • シリカソル精密鋳造ワークショップ

        ステンレス鋼、合金鋼、炭素鋼で作られた精密鋳物の製造を専門とし、製品は航空、石油化學、ハードウェア機械、自動車、食品、衛生陶器、醫療、水処理およびその他の産業で広く使用されています。同社は10グラムから200キログラムの範囲の精密鋳物の生産と加工を行うことができ、年間生産能力は2,500トン以上です。製品はヨーロッパ、アメリカ、日本、その他の國や地域に輸出されており、輸出する権利。

      • 精密機械加工工房

        最大徑1100mmの製品を加工できるCNC76臺、マシニングセンター20臺、普通車11臺など70セット以上の先進加工設備を備えています。

      • ラボ

        ドイツの分光計直読式分光計、25エレメントチャネル検出、通常のステンレス鋼、通常の二重鋼、超二重鋼、炭素鋼およびその他の材料をテストできます。マイクロ波制御の電気油圧サーボ萬能試験機、振り子衝撃試験機を備えています。 、衝撃試験クライオメーター、タッチスクリーンデジタルロックウェル硬さ試験機、デジタルブリネル硬さ試験機、リーブ硬さ試験機、倒立金屬顕微鏡、プロジェクター、ハンドヘルド3Dスキャナー、CMM、カルシウム鉄分析裝置、NDJ-5S粘度計など。

      會社概要
      • スタッフ

        10人以上のシニアエンジニアとエンジニア、および50人以上のシニアテクニカルマネージャーを含む350人以上の従業員がいます

      • 年間生産能力

        同社は10グラムから200キログラムの精密鋳物の生産と加工を行うことができ、年間生産能力は2,500トン以上です。

      • 國立ハイテク企業

        2009年技術研究開発センタは設立されました。新製品や新しい技術の開発をやています。國內最先端技術企業に評価されています

      工場の設備

      新しい物をつくり出し、発展をつづけるのは企業の基本です。Sinhaiは企業発展をもとにして、設備改良を重ね、製品のグレードをアップを計り、より良い製品を開発し続けます。

      製品の品質を保つために、弊社は國內外の先端生産設備を導入し、ドイツの直読式分光検査設備などの最先端計測システムを導入し、今最先端シリカゲル工蕓を採用しております。


      • Plant Equipment
      • Plant Equipment
      • Plant Equipment
      • Plant Equipment
      • Plant Equipment
      • Plant Equipment

      販売網

      弊社の品質政策:慎重な生産、優良な品質

      オートメーション業界に一番良いサービスを提供するために、弊社はさらに良いものを求め、品質管理を厳しくコントロールしています。それも弊社の製品を全世界へ輸出するためです。

      品質を向上させ、不良品率を下げたら、弊社のコストを下げられ、競爭力を向上できます。これを深く信じております。

      • 40+

        輸出國

      • 99%

        顧客満足

      販売網
      舞蹈生被强嗯啊哦bl

        <progress id="t6wnn"></progress>
        1. <tbody id="t6wnn"><nobr id="t6wnn"></nobr></tbody>
        2. <menuitem id="t6wnn"><dfn id="t6wnn"></dfn></menuitem>

        3. <track id="t6wnn"><div id="t6wnn"></div></track>